■ iTunes

■ Apple Music

■ Spotify
 

Credits

YOSHIKA
Producer / Songwriter / Performer / Recording Engineer

Trk1 Heart Beat
Mixed by Masashi Matsubayashi

Trk2 Don't Make Me Cry
Mixed by Ayaka Toki

Trk3 こんな暗闇の中で / In Such darkness
Mixed by Toshimi Nanseki at duskline recording studio

Trk4 Alright
Mixed by Tatsuki Masuko at FLOAT

Trk5 HELP
Mixed by Gregory Germain(Digz, Inc.) at DCH Studio

Trk6 smile, like
Mixed by Taiji Okuda at studio MSR

Trk7  雨と晴れの隙間 / A Space Between Rain and Sun
Mixed by Masashi Yabuhara

Mastered by Christian Wright at Abbey Road Studio

Illustrator & Artwork / Haruka Toshimitsu

Photographer / Hiromi Ando

 

 
 

Self Liner Notes


「そんな思いのままに走ったり飛んだりしたら怪我するよ、こんな暗闇の中で」

夕飯を食べた帰り道、街灯少ない田舎道を歩きながら8歳の息子にそう言った。
注意をしたのだけど、暗闇で好奇心を追いかけて自由に動き回る子供の姿に
自分を重ねて見ていた。

歌いたい。もっと、何が出来るか知りたい。
そんな気持ちだけで私もきっと曲がったり戻ったりして動き回ってる、一緒だ。

ずっと悩んでいたアルバムタイトルを決めた瞬間。

前作の続編のような今回のミニアルバムは
いつもの生活を大切にしながら制作も緩やかなペースで。
ぽん、ぽん、と見つけた気付きを拾っては箱の中に貯めていくような日々。

この感じ、どうしたら伝わるだろうかと考えながら
音と向き合う一人きりの時間はまさに孤独だけど
実は時に心地良く、でもダメだ、急にまた怖い。

安定することなく波の上を転がり続ける。そんな自分を観察する。

毎日の生活の中に詰まっている当たり前の悲しみや感動
きっと誰もが感じた事のあるもの。
そんな部分に寄り添うようにして音楽に落とし込んでいった。

この頃よく聴いていたのはElla VosやOrion Sun。
生きていく中でどうしても溢れ出る想いにすっと馴染むような音楽で
その少し低めの温度が深いところに響く。
媚びてなくて潔くてかっこいい。
周りがどうとか本当にどうでもいいよね。同じ女性として勇気をもらった。

全7曲が出来上がると、私の所属するグランドファンク会長から
「7名のエンジニアさんにそれぞれミックスダウンして頂きます。
  誰にどの曲を担当してもらうか、YOSHIKAには完成するまで内緒」 と言われた。

デビューしてからずっと、私のどの作品にも強い信念とチャレンジを忘れない。
内緒にするという、新しいタイプのユーモアも(笑)。

今までお仕事をしたことのある方?初めましての方!?
全く分からないけど、私の荒削りすぎる曲をお渡しするという恥ずかしさと、
どんな音に仕上がるのだろうというワクワクで待ちきれない日々を過ごしていた。

仕上がった音が次々と届いたミックスダウン週間。
私が力の限り作ったバランスを、皆さんは母なる海のように包み込み、汲み取り、導いていた。

張り詰めていた緊張が解けたようで
わぁわぁと泣きながら自分の曲をひとつひとつ聴いていた。
直す箇所もなく全曲、かっこよすぎるテイク1を有り難く頂戴致しました。

一人で作った音楽だけど、一人じゃ やっぱりなんにもならない。
関わって頂いた方々にただただ感謝の気持ちでいっぱいだ。

こうやって、少しずつでも前に進んで行くしかない。

生きているうちに成し遂げられる進化なんて
どれだけ微々たるものだろうかとも思うけど
それでも私はいつだって音楽に救われてきたから、作り続けなきゃ。

子供みたいにぶつかって傷作りながら。


YOSHIKA


 

Diary & News & Music



Profile

YOSHIKA

1983年、横浜生まれ。
11歳からカナダに1年半、17歳の時にアメリカに2年半の海外在住経験を持つ。
帰国後、CM音楽などの活動を始める。
アル・クーパーの名曲をカバーした【JOLIE】は
2002~03年のSONY Cyber-ShotのTV-CMに起用され
2003年2月にYOSHIKAの1st シングルとしてリリースされる。
同年11月、8曲入りミニアルバム【STRAIGHT AHEAD】をリリース。
2004年11月、m-floの新ヴォーカリストに一躍抜擢され『m-flo loves YOSHIKA』名義で
MAXI SINGLE【let go】がavexよりリリースされる。
2005年、ATLANTIC JAPAN/WARNER MUSIC JAPANと契約を交わし
【Call Me】でメジャーデビュー。
2006年1月 、メジャー1stフルアルバム【timeless】をリリース。
オリコンチャート初登場20位を記録。
同年、自身の結婚、妊娠を転機にメジャーシーンから一線を退くことを決意。
出産を経て2008年12月にフルアルバム【World】にて音楽シーンに復帰。
2010年1月、アルバム【REDWOOD TREE】を
3月にはライヴベストアルバム【I SING -LIVE BEST-】を
9月22日にはiTunes限定でミニアルバム【Strongly In Life】をリリース。
2012年、イラストレーターの利光春華などのクリエイターとともにARMATELの活動を開始。
2015年、SSWとしてのデビュー作といえる、Origami Productionのプロデュースによる
フルアルバム【YOSHIKA】をリリース。
2018年、全曲英詞のオルタナティヴR&Bミニアルバム【About a Beautiful Mistake】リリース。


 

Discography

 

 

ARMATEL

 
with m-flo
 
 
OTHER WORKS
   CMようこ2/V.A (2009)
   ララピポ official compilation album/V.A (2009)
   嫌われ松子の歌たち/V.A (2006)
   ETERNAL DEVELOPMENT/grooveman Spot (2006)
   Shiplaunching/冨田ラボ (2006)
 
All member work copyright of respective owner,otherwise©1990-2015 GRANDFUNK Ink. JASRAC許諾番号 9008776001Y31018